底辺工高生の雑記

自転車や電子工作、Roseliaなどが好きな工高生のブログ、本体はTwitter

OLYMPUS XZ-1の分解清掃とか

こんばんは、やっとオンライン授業を受けられたなっつです。

世は移り変わるものですが過渡期に生きるのは疲れてしまっていけませんね。

 

今回はもう10年ぐらい昔のカメラになります、オリンパスの高級デジカメXZ-1の話になります。

 

f:id:Nlab_c:20200510201553j:plain

これも色々ひどい写真ですね

今さら特筆すべき性能は何もありません、開放F1.8のZUIKOレンズというのは確かに珍しいですがRX100などの方が良いです。

 

このカメラは例に漏れずリサイクルショップで拾ってきたもので付属品付きで1000円ぐらいでした。

相場的には安いですが色々とボロボロだったので修理した過程を書いていきたいと思います。

 

センサーゴミ除去

f:id:Nlab_c:20200510202314j:plain

かなり顕著です。

f:id:Nlab_c:20200510202426j:plain

レンズ側も

クリーニング前の画像が無くて伝わりづらいですが酷使されていたのかチリが映り込んでしまっていました。

ここまで行き着くには割と面倒くさい手順なので詳しい分解方法は他のサイトを参照してください。

今回は幸いにもブロワーで飛ばすだけで落ちる程度のチリでした、こういう場合は無駄に液体クリーナーなどを使わないに限ります、最悪の場合には表面コートが剥がれてしまいます。

 

レンズキャップ紐

f:id:Nlab_c:20200510203026j:plain

無くなってしまっていたのでとりあえずPEW線を使いました、割と保ってます。

 

 

作例

f:id:Nlab_c:20200510203210j:plain

パキッとシャドウ強めに

f:id:Nlab_c:20200510203504j:plain

水滴が水滴のように写るって実は凄いことですよ

こんな感じです。

最高画質設定で撮っても3MB程度と扱いやすくて良いですね。

残念ながら”CCDの色”というのは未だ理解できていませんがレンズ、画像処理エンジンの良さは分かります、というか10年前でこれなら今のコンデジはいかに進化していないのかということは分かりますね、Wi-Fi付いただけじゃねえか!!

 

 

まとめ

型落ち堕ちでも高級機には意味がある!

修理のやりやすさや今も色あせない写りの良さなど「さすがは高級機」と言わしめるものはありますね。

残念ながらオリンパスは高級コンパクトの開発をやめてしまい、アクティブ系やミラーレス一眼カメラに向かってしまいましたが決して性能が劣るからと言うわけでは無かったようです(最近一人勝ちしているRX100も凄いですが)

 

 

 

 

近況報告

 

 

7Artisans 12mm F2.8 (Xマウント)

こんばんは、自分も課題に手が付かずこのまま休校が続けば教育格差が広がってしまうのでどうにかして授業を受けられるようにしてくれないかと願っているなっつです(他力本願)

 

さて、今回はレンズのレビューです。

私は記事を作って紹介はしていませんが富士フイルムのXマウントユーザーです。

そのXマウントに対応した数少ないサードパーティーレンズの一つをレビューしていきたいと思います。

 

f:id:Nlab_c:20200503195841j:plain

「七工匠 7Artisans 12mm F2.8(XFマウント)」です。

日本では焦点工房さんが代理店をされている中華ブランド七工匠(しちこうしょう)によるAPS-C対応のイメージサークルを持ったレンズとなります。

因みに今回は海外通販で買った物のため、焦点工房さんで売られているものとは多少品質などが異なるかも知れません。 

 

 

能書き

ちっちゃくて超広角で割と明るいよって感じのレンズです、スペックシートを見ても特に露骨な欠点はないでしょう。

以下焦点工房さんからの引用

世界最小、12mmの超広角レンズ

七工匠(しちこうしょう)7Artisans 12mm F2.8は、世界最小サイズの12mm「APS-C」超広角レンズ。35mm判換算で18mm相当、レンズ構成は8群10枚、ピント調整時に長さの変わらないインナーフォーカスを採用。高い解像力を中心から周辺まで保ち、徹底して抑えられた歪曲収差は、風景、建築物、狭い室内での撮影などに幅広く活用できます。外装にアルミニウム合金を使用した高品位な外観。絞りリングはクリック感のない無段階式で、動画撮影も楽しめます。
 
型番 1228FXB[フジフイルムXマウント]
仕様 焦点距離
フジフイルムXマウント/ 12mm(35mm判換算 [18mm相当])
■フォーカス:MF(マニュアルフォーカス)
■対応撮像画面サイズ:APS-C
■絞り:F2.8-F16
■レンズ構成:8群10枚(非球面レンズ1枚)
■絞り羽根:7枚
■最短撮影距離:0.2m
■サイズ:Φ63mm×67mm
■質量:約290g
■対応撮像画面サイズ:APS-C
■フィルター装着不可

質感

f:id:Nlab_c:20200503200635j:plain

被写界深度目盛りもしっかりあるよ

f:id:Nlab_c:20200503200715j:plain

しっかりと金属マウント

 良い感じです、アルミ外装にガラスレンズでフォーカスリングはヘリコイドにしっかりかみ合っている古き良きレンズって感じ

私は現代レンズのエンコーダー丸出しなフォーカスリングの回し心地が嫌いなのでかなり気に入りました。

絞りは円形絞りではありません、コスト的に仕方ないでしょう。

超広角らしくレンズ全面は出目金形状となっていますがフード部を全周覆っても顕著なケラレは見られなかったので出目金形状は格好つけのためでしょうか?

因みにフード部に取り付けるフィルターアダプターが売られています。

 

作例

f:id:Nlab_c:20200101234322j:plain

f:id:Nlab_c:20200105215257j:plain

f:id:Nlab_c:20200503202616j:plain

あまり秀作とは言えませんが参考までにどうぞ

焦点距離が12mmと超広角なためちょっと絞ればほぼパンフォーカスになります。

ですが開放絞りはF2.8なので最短撮影距離ギリギリにすれば(3枚目)ボケ量を稼ぐことも出来ます。

 

まとめ

 

キワモノでは無いが安価でオタク受けの良さそうなレンズ

 

全くもってキワモノではありません、普通の外見で普通の写真が撮れます。

ですがあくまでフルマニュアルレンズなため、完全な素人の方にはオススメできないです、高くてもXFレンズを買いましょう。

 

悪口

私の個体だけなのかも知れないので明確なデメリットでは無く悪口として書きます。

  • 表面プリントが剥げ掛けていた(軽微なものです)
  • ちょっと曇っていた(多くの方は許容範囲内かと思いますが気になりました)
  • 化粧箱が安っぽい(印刷が同直線上に乗って無かったりと微妙)

上記を踏まえても2万円という超低価格を前には何も言えません、コスパ番長。

 

 

近況報告

前島亜美さんってかわいいですよね(バンドリ7thの配信見てた)

 

異常気象2020

 

この休みに何も成して無くて焦ってる

 

小説「ボトルネック」舞台巡り

こんばんは、外出できずに憂いでいるなっつです。

 

今回は以前に金沢(東尋坊にも行った)に行った際に市街地のみですが米澤穂信作「ボトルネック」の舞台巡り(聖地巡礼)をしてきたのでその事について書きたいと思います。

 

ボトルネック (新潮文庫)

ボトルネック (新潮文庫)

 

 

 

私はアニメ「氷菓」から原作の「古典部シリーズ」を読み、その後に他の作品も読んでみるかとボトルネックを図書館で1回読んだだけというミーハーなファンなのですが単に上辺だけ観光するよりも目標を持った方が面白いだろうとちょっと巡ってみました。

 

 

以下ページ順に書いていきます。

 

f:id:Nlab_c:20200426143048j:plain

巨大な格子に閉じ込められたような意味不明のデザインの市庁舎の前を通り過ぎる。(p.84)

金沢市役所本庁舎です、確かにちょっとギョッとするようなデザインですね。

 

f:id:Nlab_c:20200426143742j:plain

市役所の裏手もすとんと落ち込んでいる。ぼくたちはコンクリートの急な階段を下りていった。(p.88)

本当に作者と同じものを見ているようでこういうの楽しいですよね~

 

f:id:Nlab_c:20200426144050j:plain

二十一世紀美術館の威容が目の端をかすめるけれど、(p.84)

めっちゃ並んでいたので中には入りませんでした、同行者は入ったんですが「まあ、現代アート」とか言ってました。

美術館ネタと言えばコミック「女子高生の無駄づかい」で面白い話がありましたね。

 

f:id:Nlab_c:20200426144701j:plain

サキが指定した「兼六園下」とは、バス停の名前。何本ものバス路線が通っているこのバス停には、バス停としてはかなり大きい、四阿風の小屋が用意されている。(p.84)

金沢でも「新バスシステム」が使われていました、本当に小京都だ

 

 

f:id:Nlab_c:20200426145306j:plain

駅前広場を高く覆う、金属パイプの天蓋。そして、DNAのようにねじれあった柱が支える、木製の巨大な門。(p.154)

つよつよ建造物ですね。

長野駅にもこういうの欲しいなあ

 

 

f:id:Nlab_c:20200426211556j:plain

見どころ外の東尋坊

最後は随所に登場していた福井の東尋坊

岩の上に鎖が張ってあるという感じの記述だったのでそんなイメージをしていましたが国の天然記念物なので岩に穴を開けて鎖を張ることもできないそうです、残念。

一番近いのが上の写真です...

 

 

 

まとめ

舞台巡りは楽しい!なんでもないものの解像度が上がる!

 

いろいろなものをググることになるので勝手に解像度が上がります、脳死で観光したい人には無理。

 

それと今回は東尋坊を除いて「まちのり」というdocomoの?レンタサイクルで廻りました、人力ロードは苦しくて楽しいですが電動アシストは楽で楽しくて良いですね。

 

 

 

 

 

 

近況報告

怠惰に時を過ごしております。

 

これは本質情報なのですが

アニメは前評判を聞かずに観よう、前評判が悪いと穿った見方しかできなくなる

LEZYNE SV10レビュー

こんばんは、課題が手に付かないなうななっつです。

 

安倍ちゃんが10万くれるよって言うので嬉々としてレンズを買っちまいました()

今回はその話では無く自転車の携帯工具のお話です。

 

f:id:Nlab_c:20200419214434j:plain

CNC切削の美しさは男のロマンですね、実用性には何にも帰さないが

今回レビューするのはレザインのお高めマルチツール SV10です。

買ってから1年ぐらい経った長期使用レビューですので多くの方の参考になるかと思います。

ちなみに正価は6000円ぐらいですがナメてんのか?って話なのでメルカリにて3000円ぐらいで買いました、そういうバイアスが掛かっていることをご承知置きください。

 

機能

■アーレンキー 2 3 4 5 6 8mm ■トルクス T25, T30
■Phillips-Headチェーン切り (9/10/11 shimano用) 

必要にして十分、というかディスクブレーキユーザーで無ければトルクスは要らねえだろってぐらいに豊富です。

 

赤字で書いたものは使えない(使わない)ツールです。

 

まずトルクスはリムブレーキのエントリーロードでは無縁でしょう、そこら辺で困ってるディスクロードのチャンネーを助けること以外には用がないです。

アーレンキー8mmも同様に使う対象がないです。

 

アーレンキー2mmは画像の通りL字型になっています、これが使いにくいったらあらしない、恐らくI字型にしたら強度的な問題が出るのでしょうが長さを短くするとかでどうにかならなかったのかなあ...

ちなみに2mmはブレーキのセンター調整で使います(出先でも使いました)。

 

最後にフィリップスヘッド、レザインがどこのお国かは知りませんが堺の大シマノ様はフィリップス規格など使わずプラス#2を使っているのでかみ合いません、頑張れば回りますがネジロックなどが塗られているパーツでは舐めるのと回しきるののどっちが先かというお話です。

f:id:Nlab_c:20200419220256p:plain

普通にシマノのDMに従えや

 

デザイン

カッコいい、だからどうした

 

重量

オフィシャルでは101gで実測でもそれぐらいです、チェーン切りが付いていてこの軽量性はなかなかのものでは無いでしょうか。

 

まとめ

安い万能ツールでありがちなツールの結束が緩んでくるとか走ってる内に吹っ飛んでたとかはないですし今のところどのビットも折れていないので値段が高いこと以外は無難です、デザインに金を払える人にとっては逆に安いかな?

 

フィリップスヘッド以外は良いやつ

 

こんな感じです。

ロードバイク生2,3台分は余裕で持ちそうなのでたまたまお金があるとかなら買われてみると良いでしょう。

 

 

 

近況報告

冒頭でも書きましたがレンズを買っちまいました、また紹介します。

 

暇すぎる

 

 

キャンプとかしてました、楽しかった

 

今年度は資格取得がモチベの工高生には厳しい年になりそうですね。

超軽量チューブTubolitio実走レビュー

こんばんは、やっと雑魚ブログっぽいネタが出ましたなっつです。

というか1月頃から使い始めていたのですがどうせすぐ壊れちゃうだろうということで様子を見ていましたが問題ない感じなので今回書いてしまいます。

 

f:id:Nlab_c:20200412204716j:plain

3本で8000円近くする高級品ですぜ

 

今回はラインアップの中ではベーシックな Tubo Road 42mm 700×18-28cをリアにのみ使いました、お値段はbikeINNで2317円+送料というなかなかなお値段でした。

素材はTPUらしいです、スマホのケースとかでおなじみのTPU

 

実測重量

f:id:Nlab_c:20200412205413j:plain

カタログ値+5%の40gでした。

まあはかりのスイートスポットに入っていないので精度も足りないですし十分に軽量ということが分かればいいでしょう。

因みに横によけてあるおまけを足せば41gでした、誤差なので着けた方が良いでしょうね。

 

ちなみにちなみますが最初の写真にあるS-Tubo 700c 60mmはおまけ付きで22gでした、今回は軽量性よりもコストと安定的な運用を求めたため使用しませんでしたがかなり面白いと思います。

 

組み付け

f:id:Nlab_c:20200412210044j:plain

そのまま空気を入れたら歪に膨らみました、やはり柔軟性が低いようです。

表面の手触りはまさにつるつるといった感じです。

 

なんとなく手元に有った内径4.8mmのOリングをチューブ側に入れました、もしかしたら長寿命化に一役買っているかも知れません。

 

今回はタルクなどを使わず、そのまま組み付けをしましたが噛み込みなどなく収まってくれました、というか低圧では膨らんだ姿がとても細いので噛み込ませる方が難しいでしょう。

 

ちなみに今回の組み付け対象はPrime Peloton V2 Discという17cリムホイールにシュワルベのSchwalbe One Performance 25cという組み合わせです、より太い、細いタイヤでは違いがあるかも知れません。

 

走行感

f:id:Nlab_c:20200412211411j:plain

オレンジ、悪くないね!

今回のレビューは上記のホイールセットをRAIL 700Dで使用した際のものです。

また、以前はKENDAの極厚ブチルを使用していました、前輪は同ホイール、タイヤのチューブレスレディ運用です。

 

では

 

 

 

何も変わらん

 

とても申し訳ないのですが何にも変化を感じることができませんでした、強いていえば乗り心地が良くなった気がしますが恐らくプラセボです。

 

ですがこの軽量性はヒルクライムでこそ真価を発揮するのだと近くの小山に繰り出しました...

 

 

 

何も分からん

 

無理、絶対に分からん

普通に登りはRAILだなあ、ディスクブレーキはやっぱり重いなあ、という感じで辛いです。

 

まとめ

鈍感さと良く言えば正直さにより、ゴミみたいな記事になってしまったことをお詫びします。

 

では最後に

Tubolitoがオススメできる人とは

  • 愛車を計りに乗せるのが趣味
  • とりあえずクリンチャーの頂点を見たい
  • オレンジ色のバルブという分かりやすい同胞のアイコンを手に入れたい
  • インディーズメーカーに金を落としたい
  • オーストラリアの森林火災に心を痛めている

方たちですかね。

 

ちなみに現時点で私のイチオシチューブはヴィットリアのラテックスです、軽くはないですがあれに勝る乗り心地はないし3日間はエアが保ちました。

賢人の皆さんはTubolitoより圧倒的に安いのでラテックスを買いましょう。

 

 

 

 

 

近況報告

ガッコが休みになりました、暇です。

 

 

痔になりました、軽傷らしいのでさっさと治します

 

 

個人番号カードを発行してもらいました、銀行口座作り放題だぜ!

長野-伊香保-草津 自転車旅行DAY2,3

前々回に書いた群馬温泉旅行の続きです。

 今回は伊香保-草津のDAY2、草津-高崎-(長野)のDAY3をまとめて書きます。

またも写真が多い記事になっていますのでご注意ください(開いてしまったらもう遅い)

DAY2

起きました...知らない天井だ...

とりあえず誰も居なかった朝風呂に浸かり山々を眺めて工程を再度確認しました(草津白根山は見えなかったがな!!)

 

そして適当にお土産を買い、伊香保温泉に別れを告げてJR吾妻線小野上駅へ向かいました。

 

f:id:Nlab_c:20200405140621j:plain

 

では鈍行各停列車で万座・鹿沢口輪行

因みに車内でグローブを落としちゃったんですがカッコいいブロンドのハイカーさんに教えてもらって事なきを得ました。

ハイドレーション吸ってるのが絵になるカッコいい人でした。

 

f:id:Nlab_c:20200405141052j:plain

駅名標のネジが面白かった

草津温泉の本当の最寄り駅は群馬大津なのですがそこからでは非常に勾配の強い坂を登らねばならないので万座・鹿沢口で降りました、乗車時間も考えれば長野原草津口からが最短かと思います。

 

f:id:Nlab_c:20200405141725j:plain

普通に美味かったけど他に客がいなかった...コロナの影響?

時は既に午後1時で特に補給もしていなかったので駅からすぐの定食屋で昼食をとりました。

ここから草津温泉まではコンビニが少ないのでしっかりと補給していきましょう。

 

f:id:Nlab_c:20200405142154j:plain

浅間山

道中はとても見晴らしが良いです、斜度もなかなかですが雨降りでない限りは楽しめるでしょう。

 

f:id:Nlab_c:20200405142620j:plain

エモい

薄い本だったら雨降りに○○してるようなバス停などの貴重な文化財の写真も撮れて大満足でした()

 

f:id:Nlab_c:20200405142910j:plain

前の軽トラが奏でる草津節のおこぼれを聞いてました。

そこからひょいひょいと登ると雪が現れてきました(この写真の前が地獄の登板です)

下界に比べると寒いですが何とかなる程度です。

 

f:id:Nlab_c:20200405143315j:plain

湯けむりがいいですね~

そして草津温泉湯畑に到着!

硫化水素くさいのと暇大生が多くて辛かったのでとりあえず旅館へGO

 

ですが、旅館も旅館でなかなか限界だったのでとりあえずDEFYをおいて温泉街散策をしました。

 

f:id:Nlab_c:20200405212132j:plain

湯畑な感じ

f:id:Nlab_c:20200405212304j:plain

草津光泉寺

f:id:Nlab_c:20200405212618j:plain

焼き忘れ?

f:id:Nlab_c:20200405212801j:plain

エビ美味し

そしてなんとなくそばを食べ

 

大滝乃湯という温泉に入り(合わせ湯は2段階目で死にました)

 

f:id:Nlab_c:20200405213154j:plain

なんで佐渡

屋台ラーメンなど眺めたあとに

 

 いつまでもたかっているリア充を見納めたら旅館へ帰っておねんねしました。

 

DAY2終

走行ログ

 

DAY3

f:id:Nlab_c:20200405213643j:plain

レンズは曇ってませんよ!!

ちょっと早起きして写真を撮ろうとしたもののライトアップがされておらず、もちろん気温がクソ寒いので全てが湯けむりに包まれてしまい、残念な感じに...

 

f:id:Nlab_c:20200405215609j:plain

これが一番マシかな?

 

f:id:Nlab_c:20200405214055p:plain

一般オタク奇行シリーズ

あとライブカメラを使って変なお写真も撮っていました

 

 あとエモエモな写真も撮れて嬉しかった。

X-DAYは明日かも?

 

そして旅館でしっかりとした朝食をいただき、またもクソほど熱い旅館のお風呂に浸かり(浸かれはしなかった)草津温泉にお別れを告げました。

 

 

f:id:Nlab_c:20200405214921j:plain

寒い~

ここからはダウンヒルです、前日のクライムに比べれば楽しいですが軽く死ねるので安全第一で下りました。

 

f:id:Nlab_c:20200405215702j:plain

雄大浅間山(2回目)

 

f:id:Nlab_c:20200405215220j:plain

なんかエモ沢

凄いスピードで飛ばして行ってしまうのでこういうポイントにもあまり立ち寄れないのはちょっと悲しいですね。

 

3日目の行程は草津-高崎なのでずっと下りのハズなのですが何気に平地区間が多かったので疲労マシマシでした。

また、八ッ場バイパスを通ったのですが茂四郎トンネルという長いトンネルの中で大型トラックに追い抜かされたのですがなかなかのヒヤリハットでした。

原因としてはトンネル内にセンターポールがあったため、トラックが十分に回避運動を取れなかったためかとは思いますがしかたないですね、回避策は車線のド真ん中を走って追い越しをさせないことぐらいですね。

バイパス道路という時点であまり自転車向きではないですし迂回するルートが組めるようであればそうしましょう。

 

 

f:id:Nlab_c:20200405215836j:plain

(´・ω・`)

そこから走り走り利根川CRへ入りました。

これが都会のCRか...というぐらいに走りやすく、面白い自転車に乗っている方も居ました。

 

f:id:Nlab_c:20200405221146j:plain

グンマー県庁

そしてまた一つの目標だった群馬県庁へ。

長野より都会だ!

 

f:id:Nlab_c:20200405221322j:plain

そうこうしているあいだに時計は午後2時半を指していたので山田うどんで昼食

めしばな刑事 タチバナで出ていたのでかねがね寄ってみたいとは思っていたのですがここで叶うとは

f:id:Nlab_c:20200405221532j:plain

なんか担々麺みたいなやつとミニパンチ

確かにパンチは美味いですね。

 

ちょっと油を売ってしまったので高崎駅へ急いでGO

急いで輪行装備をまとめましたが聖地巡礼は忘れないオタクの鑑です()

f:id:Nlab_c:20200405221716j:plain

ここもまたヤマノススメ聖地巡礼です。

f:id:Nlab_c:20200405221802j:plain

ピアノ

f:id:Nlab_c:20200405221941j:plain

どうせ席には座れない輪行なので自由席だよ

そしてはくたかに乗車して群馬とお別れ!

ぐんまちゃんには会えなかったけど楽しかったです。

にしても新幹線輪行は良いね、ほとんど揺れないし停車駅も少ない

 

f:id:Nlab_c:20200405222159j:plain

長野は田舎

長野駅でまたバイクを組み立て、自走で帰宅しました。

 

走行ログ

 

まとめ

ロードバイク×電車×温泉=ハピネス

 

なんだかんだでノートラブルで帰ってこれました。

初めての泊まりがけツーリング、輪行ということで不安でしたが事前に調べたおかげか難なく事が運びました、もう次の旅程も練っております(笑)

 

また、輪行の際には周囲の乗客の方の迷惑にならないように柔軟に対応しましょう、旅客営業規則がどうたらこうたらとか言ってたらサイクリスト全員の首を絞めることにつながります、自重しましょう。

Ender-3Pro ヒートベッド保温の効果

こんばんは、今日は休み前に図書館から借りていた中村文則の「教団X」を読んでいました。

「R帝国」がめちゃくちゃ面白かったのでちょっとそれよりは趣味に合いませんでしたが読破したぞ!という達成感に浸れたのでよしとします(ミーハー)

 

閑話休題

 

さて、今回はタイトル通り「3Dプリンターのヒートベッドを保温するのに効果はあるのか?」という話をしていきます。

 

先に結論を言いますが

 

節電効果は分からん!

だが起動時の昇温速度は低下する

 

という感じです。

 

では皆さんの読む気も失せたでしょうがつらつらと書いていきましょう。

 

まずはオリジナル状態での昇温速度(室温+47℃へ)を計りましょう。

f:id:Nlab_c:20200329214254p:plain

2分45秒

まあこんなもんでしょう、ちょっと遅いなあとは思いますが。

 

お次は施工です

f:id:Nlab_c:20200329212908j:plain

カプトンテープ見るとアガるよね

平面調節用のナットを外しましてヒートベッドを取り外します。

そして適当に採寸してコルクシートを切り出しましょう

今回はたまたま視界にダイソーで買ってきて熟成させていた1.5mm厚のコルクシートがあったため、それを3枚重ね(4.5mm)にして施工しましたが極端に厚くなければキャンプ用のアルミシート?などでも良いでしょう。

f:id:Nlab_c:20200329213814j:plain

それを適当に貼る!

接着に今回は両面テープを使いましたが何でも良いかと思います。

ではこれを戻して昇温速度を計測しましょう。

 

f:id:Nlab_c:20200329214401p:plain

2分58秒

はい!

悪化しましたね。

 

原因としてはシンプルに熱容量が増えたのでしょう、考えれば当たり前ですが「昇温速度が上がるよ!」とか言ってるサイトがあったので騙されました。

 

ですがここで断熱されることによって下のアルミフレーム、メインボードへの輻射熱が減ったと考えられるのでその面では良かったと思います。

 

では先にも書きましたが今回のまとめ

3Dプリンターのヒートベッド保温に大した意味は無い

 

 

 

近況報告

はてなフォトライフの「今月のファイル利用量」が99%になりました。

群馬ネタで1枚8MBぐらいの写真を何枚か上げてしまったのが原因でしょう。

 

 

 

 

これは来月書きますね。