底辺工高生の雑記

自転車や電子工作、Roseliaなどが好きな工高生のブログ、本体はTwitterにありますのでそちらもよろしくです

持ってる資格など

これからは毎週末に書いていこうと思います、今回は資格について

5月から月一で何かしらの試験を受けているので割とこういうネタが多くなるかとは思いますが今回は主に既得資格です。

以降取得順に書いていきます。

f:id:Nlab_c:20190820084016j:plain

最近の長野県はラミカです、受験料の割に安っちいですね

高校に入っての初めて取った資格です

筆記試験については”やらかしてフェードアウトした当時実習補助教員”に雑に教わり一冊だけ学校斡旋の参考書を買い、あとは過去問アプリで直前に勉強しました。

正直コツも何もなく高校生なら暗記問題を拾って計算問題は4択を勘で選べば受かっちゃいます。

実技試験は学校で公開問題を2、3周やりました、タイムを縮めるにはひたすら繰り返すのとホーザンの合格アイテムを使うのが方法ですかね、自分は合格マルチツールと合格ゲージを買いましたが金額の割にかなり便利です。

あと複線図で悩まれてる方が多いですが上級資格を受ける気が無いのであれば丸暗記で構わないと思いますよ。

受験料が約1万円に実技試験用工具、参考書代で約3万近く行ってしまうので今回のようにカリキュラム内で受けるような時以外は悩ましいですね。

f:id:Nlab_c:20190820084840j:plain

保護シース入りです、優しい

ここの辺りから国試が楽しくなり始めました。

乙4は工高生あるあるの資格ですが

  • 受験料が比較的安い
  • 参考書が選びたい放題(古本屋にもある)
  • 試験日が多い
  • 試験会場が選べる(長野県では)
  • 何なら過去問だけでも受かる

などの理由ですね。

正直今日明日使う資格じゃないんですがフルビットを目指して頑張りたいです(丙種は...)

費用は8千円ぐらいでしたかね。

f:id:Nlab_c:20190820085704j:plain

カッコいいですよね~総無能カード

受験の理由は大した物は無いですが無線ってなんかロマン有るじゃ無いですか()

これも筆記だけでほぼほぼ過去問から出る問題だったので参考書一冊で受かりました。

下手な話何にも理解してないです、モールスを多少覚えた以外は常識的な問いです。

従事者免許は取得したのですが未だ局免は取っていない(無線機を買う金が...)ので開局するときには復習のために上級ハムでも受けたいですね。

費用は7千円強でした。

f:id:Nlab_c:20190820222752j:plain

これまた総無能カード、こっちは総務大臣印なのでつよつよです

これも電気系工高生あるあるですね。

勉強法としてはひたすらなる過去問の繰り返しです、過去問5、6回やっても合格点に達しないようであれば参考書を読んでも良いですが過去問だけでも受かると思います。

この「工事担任者」っていうネーミングが非常にダサくてイヤだなあと思っていたのですがどうやら以前は電電公社の内部資格だったそうですね。

三種ではまだ回線を一本しか引けないので実務で役に立つことは多くないでしょうが通信工事系(当地ではT○SYS)なんかへの就職には役立ちそうですね。

因みに受験者の程度が低いです、Twitterで受験報告をしたら数人のキッズから謎リプとメッセージリクエストが届きました。

費用は一万円強かかりました、正直これだけかけるならDD1種を一発で取った方が安上がりですね。

 

  • どうでもいい資格など

親の金で受けておいてこういう言い方もないのですがどうでもいい、要らない資格って有るじゃ無いですか、それが以下です。

    • 漢字検定3級
    • 情報技術検定、計算技術検定(工業校長会)
    • ガス溶接技能講習
    • 普通救命講習Ⅱ

こんなところですね。

工業校長会の資格は受けても何にもなりません、授業内のカリキュラム内勉強して受かっちゃっただけです、あんなの受けるぐらいなら昼飯代の足しにした方が有益です。

ガス溶接はとにかく受講者の民度が悪かったのと筆記テストがスッカスカだったで低評価ですね、あんなのだけでガス溶接したらそりゃ労災事例にも載りますよ。

普通救命講習はこの中では有能です、自分は自転車仲間に勧められましたが趣味としてスポーツをやる方なら受けていて損は無いかと思います、長野市では無料でしたし。

  • 取得予定資格

ITパスポートは受験し、合格点に達していたので賞状待ちです。

これからのことはなんとも言えるのですが

は申し込みを終えて受験勉強をはじめていますので頑張って取得しようと思っています。

まあ電験三種は1科目だけでも当たれば良いですね。

 

今回はこんな所でお終いです、工業系の国試は金が掛かりますが受験会場にはいろいろな人が居て楽しいですしここで挙げたような資格(電験三種を除いて)は若い脳を持った方なら一、二ヶ月程度片手間に勉強すれば受かるかと思いますので是非チャレンジしてみてください!